アメリカ学生ビザ申請代行★アメリカ学生ビザセンター/学生ビザ申請代行/ビザ申請/ビザ更新

アメリカ学生ビザセンター

アメリカ学生ビザの申請は当社へおまかせ下さい。語学学校への入学手続きは無料です。F1ビザ、M1ビザ、J1ビザなど学生ビザに関することなら何でもご相談下さい。ビザを却下された方の再申請のサポートもしています。
※ビザ取得率99%には、逮捕歴、犯罪歴、オーバーステイ、ビザなしでの長期滞在などの経歴のある方は含まれておりません。

アメリカ学生ビザの申請は当社へおまかせ下さい。語学学校の入学手続きは無料です。また、I-20が届く前でもビザ面接予約可能です。帰国誓約書、戸籍謄本などの英文補足書類も無料作成いたします。 リーハイクラブ・アメリカ学生ビザセンター リーハイクラブ・アメリカ学生ビザセンター リーハイクラブ・アメリカ学生ビザセンター

リーハイクラブ/アメリカ学生ビザセンター
営業日:月曜日から金曜日 午前10時30分から午後6時
TEL 072-365-2272

アメリカ学生ビザ申請サポート、F1ビザ、M1ビザ、J1ビザの申請サポートを申し込む アメリカ大使館のビザ面接予約状況 観光・商用ビザ(B1、B2)をご希望の方はこちらをクリック

アメリカ学生ビザセンターはビザ専門のサポート会社です。
学生ビザの申請(更新)代行とサポートは当社におまかせ下さい。

ビザサポート 2,000人達成 キャンペーン!

通常料金24,800円 ⇒ 特別料金20,000円(税別)

さらに、10,000円キャッシュバック!
当社に語学学校(大学付属を除く)への入学手続き(無料)を依頼された場合、ビザ取得後に10,000円をキャッシュバック(返金)させていただきますので実質10,000円(税別)になります。※10,000円キャッシュバックはクラス受講期間が12週間以上のお申し込みをいただいた方のみ適用されます。

語学学校入学手続き無料!
これから語学学校への入学手続きをされる場合は、当センターで入学手続き、I-20の取得などを無料で代行させていただきます。また、上記の10,000円キャッシュバックが適用されます。
※学校によっては有料になる場合もありますので、詳しくは電話またはメールでお問合わせ下さい。

I-20が届く前でも面接予約可能
当社ではI-20が届く前でも、ビザ申請書類を作成し、アメリカ大使館(領事館)へ面接予約をしておくことができます。I-20取得後すぐに面接を受けたい方、現在留学中または海外滞在中で帰国後すぐに面接を受けたい方は、お早めにお申し込み下さい。

英文補足書類を無料作成
他社では有料になる以下の英文証明書類を無料で作成いたします。
スポンサー証明、帰国誓約書、配偶者の同意書、親の承諾書、在職証明書、復職証明書、採用証明書、婚姻届受理証明、戸籍謄本
これら以外の英文補足書類の作成を希望される場合は有料になる場合があります。

日本全国および海外の、どこからでもお申込みいただけます。
ビザ申請書類の作成、ビザ面接予約、面接のアドバイスなどはインターネット、メール、電話等を利用しますので、ご来社いただく必要はございません。また、当社では海外滞在中でもビザ申請書類を作成し、ご希望の面接日を予約しておくことができますので、帰国後すぐにビザ面接を受けることも可能です。

経験豊富なビザ専門スタッフが対応


お申し込みの前にご質問等がございましたら、アメリカ学生ビザセンターの運営会社である
リーハイクラブ(TEL 072-365-2272)までお電話いただくか、メールでお問合わせ下さい。

アメリカ学生ビザセンターからのお約束

[check] 安い!ビザ申請サポート料10,000円(税別、キャッシュバック適用の場合)

  • お支払方法は銀行振込になります。※現在、海外に滞在中の方は、日本にいる家族、友人等へご依頼下さい。
  • DS-160ビザ申請書の作成、デジタル写真の適合確認、面接予約などは当センターで行います。その他、ビザ取得までのすべてを親切、丁寧、迅速にサポートさせていただきます。
  • 他社との料金比較(税別)
    業者名サポート料金英文補足書類の作成
    アメリカ学生ビザセンター(当社)10,000円
    20,000円
    無料
    法律事務所(弁護士)100,000円別料金の場合が多い
    大手旅行会社、留学エージェント50.000円別料金の場合が多い

※当社で無料で作成する英文補足書類はスポンサー証明、帰国誓約書、配偶者の同意書、親の承諾書、在職証明書、復職証明書、採用証明書、婚姻届受理証明、戸籍謄本です。これら以外の英文補足書類の作成を希望される場合は有料になる場合があります。
※アメリカ大使館へのビザ申請料160ドル(申請者全員)と米国国土安全保障省へのSEVIS費(F1、M1ビザ申請者:200ドル、J1ビザ申請者:180ドル)は別途必要になります。支払われたビザ申請料とSEVIS費は理由に関わらず返金されません。

[check] 早い!10営業日でビザ申請書の作成と面接予約まで完了。
※「ビザ申請書類作成のための質問書」とデジタル写真を当センターが受け取ってから10営業日でDS-160ビザ申請書を作成し、ビザ面接予約をいたします。営業日:月〜金(土日祝を除く)
尚、ビザ申請書類はビザ面接日までに郵便局のレターパックライトでお送りいたします。

[check] デジタル画像(デジタル写真)を完全サポート
DS-160作成に必要なデジタル画像(デジタル写真)の適用条件について詳細にお伝えします。デジタル画像が不適合にならないように分かりやすくご説明いたします。デジタル写真の取り込み、加工は当社で致します。

[check] 日本全国および海外の、どこからでもお申込みいただけます。
ビザ申請書類の作成、ビザ面接予約、面接のアドバイスなどはインターネット、メール、電話等を利用しますので、ご来社いただく必要はございません。また、当社では海外滞在中でもビザ申請書類を作成し、ご希望の面接日を予約しておくことができますので、帰国後すぐにビザ面接を受けることも可能です。

[check]ビザ申請書類の作成、ビザ面接予約などは当センターで代行。
  その他の必要な手続きも親切、丁寧、迅速にサポート。
簡単なアドバイスだけをして、ご自分で作成するということはございません。
他社ではよくありますので、ご注意下さい。

[check] 常に最新情報を入手しているため、申請手続きに不備なし。
毎年300件以上の学生ビザを取り扱っていますので、これまでの蓄積したデータやノウハウを利用していろいろなケースについての対応が可能です。

[check] 英文スポンサー証明書、英文サポートレター無料作成サービス
※ご両親(またはご家族)が留学費用を負担する場合に必要なスポンサー証明書(英文)、家族のサポートレター(英文)を無料で作成いたします。

だから、ビザ申請手続きは アメリカ学生ビザセンター におまかせ下さい。

これが学生ビザです
これがビザです。パスポートに貼られてアメリカ大使館から返送されてきます。

こんな方々に利用されています。

  • 初めてのビザ申請なので何から準備したらいいかわからない。
  • 現在留学中で、一時帰国したときにビザの更新をしたい。
  • ビザ申請はプロにまかせて、英語勉強や留学準備に専念したい。
  • 書類作成がわかりづらい、面倒だ。
  • 早くビザを取得したい。
  • パソコン操作になれていない。
  • 自分で途中までやってみたけれど、やっぱり不安だ。


Q&A こんな要望、質問にもお応えしています。

  • 語学学校のI-20だけど、5年間のビザが欲しい。
    • 申請書類の○○○に○○○と記入しておけば5年間のビザが発給される場合が多いです。
  • 語学学校のあとに大学進学予定なんだけどビザ申請はどうなるの?
    • いろんなケースに対応しますので、安心してご利用下さい。
  • 一緒に行く家族のビザ申請はどうするの?
    • F2、M2、J2 などのビザが必要な家族の申請もまかせて下さい。
  • 申し込みからビザ面接予約まで何日かかりますか?
    • 当センターにお申し込みいただきましたら、ビザ申請書類作成のための「質問書」をお送りいたします。その「質問書」を当センターが受け取ってから10営業日以内に申請書類を作成し、ビザ面接予約をいたします。営業日:月〜金(土日祝を除く)
  • 面接日からビザ発給まで何日かかりますか?
    • ビザ面接日からアメリカ大使館がビザを発送するまでのおよその所要日数
      面接地東京大阪沖縄札幌福岡
      日 数4営業日3営業日4営業日4営業日4営業日
      ※追加手続きが必要と判断された場合、手続きに6週間以上を要することもあります。

    Q&A←クリックして続きを読む

利用者の声

  • 今日、アメリカ大使館に面接に行ってきました。その場で面接官からビザ発給OKと言われて、安心しました。あとはパスポートと書類の返送を待つだけです。ありがとうございました。
    (神奈川県 K.Yさん 男性 22歳 F1ビザ 語学留学)
  • 急いでビザを取りたかったのでアメリカ学生ビザセンターさんに頼みました。すぐに申請書類を作成していただいて助かりました。
    (東京都 K.Aさん 女性 19歳 F1ビザ 大学進学を目指しての語学留学)
  • これで、長年の夢だったアメリカ留学が実現します。定年後の留学なのでビザがもらえるかどうか心配していましたが、アドバイス通りに書類を揃えたら、ビザがもらえました。ありがとうございました。
    (岐阜県 M.Yさん 女性 60歳 M1ビザ 専門学校留学)

    ご利用者の声←クリックして続きを読む


ビザ申請サポートのサービス内容

  • ビザ申請書類の作成
    • DS-160オンライン入力式ビザ申請書(英文)の作成
    • DS-160作成に必要なデジタル画像(デジタル写真)の説明と加工
  • アメリカ大使館へのビザ面接予約と予約確認書の取得。
  • スポンサー証明書、サポートレター(親または配偶者の同意書)の作成
  • アメリカ大使館へのビザ申請料支払番号の取得と支払方法のご案内
    • アメリカ大使館へのビザ申請料は160ドルです。当社で支払いを代行をいたします。
  • SEVIS費確認書の取得サポート
    • 学生ビザ申請者はSEVIS費(200ドル又は180ドル)を米国国土安全保障省に支払う必要があります。ご自分で支払い手続き(SEVIS費支払画面) をすることも、当社で代行することもできます。
  • その他、ビザ申請に必要なことを、親切、丁寧、迅速にサポートします。


お申し込みからビザ取得までの流れ

  • 2.ビザ申請サポート料をお支払い下さい。(お支払方法)ご入金確認後「ビザ申請書類作成のための質問書」をメールでお送りいたします。
  • 3.「ビザ申請書類作成のための質問書」にご記入いただき、当センターまでオンラインで送信していただきます。
  • 4.送信いただいた情報をもとに、ビザ申請書類の作成とアメリカ大使館(領事館)へのビザ面接予約を10日以内(土日を除く)に行います。
  • 5.SEVIS費(200ドル又は180ドル)の支払いと確認書(領収書)の取得。※当社で支払いを代行することもできます。尚、SEVIS費支払画面はすべて英語の画面ですので、英語での操作に不慣れな方は、当社での支払い代行をお勧めします。
  • 6.ビザ申請料160ドル分の日本円をアメリカ大使館に支払います。※当社で支払いの代行をいたします。
  • 7.アメリカ大使館(領事館)でのビザ面接。結果は面接時にわかります。
  • 8.ビザの受取。ほとんどの場合、面接日から3日〜1週間程度でビザシールが貼付されたパスポートや他の書類が、ご自宅に返送されます。
  • お申し込みの前にご質問等がございましたらアメリカ学生ビザセンターの運営会社であるリーハイクラブ TEL 072-365-2272までお問合わせ下さい

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional